So-net無料ブログ作成

爆笑胃がん検診(2) [健康]

2年前のこと。

自治体の胃がん検診車が最寄りの公民館に来るというので、友人3人と行きました。
3人で検診車に乗り込み、まずは私から。

前の人の検診が終わる少し前にバリウムを飲んで待機。
げっぷが出そうになるけど、げっぷしないようにと言われたので、我慢、我慢。

やっと私の番になって、レントゲン室に入って横になると、レントゲン技師さんが、
「金属のついた服、着てないですか?」と訊く。

その日は、ホックのないブラつきキャミソールにしたし、下もホックのない巻きスカート。
金属なんてどこにもついてないはず。

それなのに、技師さんが、
「下腹部のあたりに何かうつってるんですけどね~?」と言う。

おかしいな~、何もついてないはずなのにな~
と思いながら、念のため巻きスカートの紐をほどいて下腹部を探ってみるけど何もない。
へそピアスもしてないし、なんだろうな~、と、しばらくお腹周りをまさぐっていたら、

あっ、もしや・・・

私:「あの~、3、4日前にさし歯を飲んでしまったんですけど・・・」

技:「あ~、それですね~、まだここにありますね~」

その後は、自分でも可笑しくて、げっぷと笑いをこらえながら、上下左右動くベッドの上で、
指示されるまま、体を右や左に傾けたり、ぐるぐる回ったりして、やっとレントゲン終了。

レントゲン室の戸を開けると、バリウムを飲んだ後、必死でげっぷをこらえてる友人の姿が。
私はというと、さっき、巻きスカートの紐をはずしたせいで、スカートがずり落ちてる。

友人にしてみれば、もうすぐ私の検診が終わるはずだからバリウムを飲んだのに
なかなか終わらない。 やっと終わったと思ったら、出てきた私のスカートがずり落ちてる。

一体、中で何が行われていたんだ??  と、あらぬ妄想が頭をよぎる。

後で事情を話すと、
「もう、絶対あんたの後でレントゲン撮るのはごめんだわ~!」

バリウムを出すために下剤を飲んだにもかかわらず、検診後、3人でランチへ。
ランチを終えた帰路の車中、みんながもよおしてきて、真っ青になりながら
なんとかうちにたどり着き、トイレに直行したのでした。

その時、さし歯も出たかしら?



追記:胃がん検診の結果は、「異常なし」でした。
   しかし、その後、肺がん検診でひっかかり、友人たちに
   「そりゃ、さし歯が肺に回ってきたんだわ~。」とからかわれながらも
   再検査では、「異常なし」でした。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。