So-net無料ブログ作成

夫と躾 [アスペルガーとカサンドラ]


人気ブログランキングへ

挨拶する。

相手の目を見て話す。

「ありがとう」「ごめんなさい」を言う。

自分の物は自分で片づける。

自分から進んで手伝う。



テレビはダラダラ見ず、見たい番組だけ見る。

スマホやパソコンは時間を決めて使用する。



戸を開けたら閉める。

玄関の靴はそろえる。



これらは、子供たちに躾として伝えている事。

そして、夫に出来ていない事。


朝、子供たちが「おはよう」と言ってダイニングルームに
入ってきても、返事をするのは私だけ。

夫はタブレットを見てる。

子供たちは、私が教えたわけでもないのに、
「ご馳走さま」のあと、「おいしかったよ」と言ってくれる。

夫が言ってくれたことはない。


家にいる時、夫は、寝ている以外、ずっとタブレットを見ている。
タブレットで本を読み、テレビ番組を視聴し、ゲームをしている。
私や家族の顔を見ている時間の何倍もの時間、タブレットを見ている。

そもそも、家族であっても、夫は基本的に自分以外の者に関心がない。


人に迷惑をかけないよう、気を付ける。


これも子供に伝えている事。


全く人に迷惑をかけずに生きるのは無理。
でも迷惑をかけないように気を付けることはできる。
やむを得ず迷惑をかけたら、誠意をもって謝る。


夫にはできない。


人の迷惑がわからない。
だから気を付けることができない。

謝れと言われれば、表面的に謝ることはできる。
だけど、そこに誠意はない。
自分の何が悪かったのかがわからない。


アスペルガーだからしょうがない、とあきらめながら、
それでも学習能力というものがないのかしら、と
腑に落ちない。

子供たちは、父親を見てどう思っているのか、
わからない。

子供たちの前で夫の悪口は言わない。

子供たちは父親を嫌ってはいない。
それは、とてもいい事。

でも尊敬もしていない。
それは、仕方ないと思う。

いろんな形の家族があって、
うちは、これでいい、

というか、これでいくしかない。


夫を変えようと思っても、無理だから。












nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。